読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブモニターをUSB一本で!ASUS MB169B+で快適フルHD環境。ブロガーにこそオススメしたい!

ブログを書くときは MacBook Air 13インチを使用しながら自宅のリビングでevernoteに原稿を書いているんですが、ノートPC1つだと素材探しや参考記事を見ていると、どうしても手狭になりますよね。

Macは複数デスクトップを作れるので、デスクトップごとに使用ツールを使い分けて...というやり方もできるんですが、いちいち移動するのが面倒くさいです。

かといって外部モニター買ってリビングに置くと、邪魔なんですよね。 そんな感じで不便さを噛み締めながら頑張っていましたが、最近いいものを見つけましたー!

USB1本でサブモニターとしてつかえる!

kiritsume.com

こちらブログに紹介してあるUSBサブモニターを見てびっくりしました!

「そうそう欲しかったのこれだ!」

リンク先のブログにも書かれていますが、簡単にUSBサブモニターの特徴をご紹介

  • USB1本で画面出力と電気供給ができる
  • コンパクトサイズが多く、持ち運びができるものが多い
  • 置き場所や収納場所にあまり困らない

小さいものは8インチから、大きなものは15インチ以上のものまで紹介されています。正直迷いました...

ほぼ自宅用として使いたかったので、大きめサイズのASUS MB169B+を購入

「Lenovo ThinkVision LT1421 WIDE」と迷いましたが「ASUS MB169B+」を購入。 届いて早々にいろいろ設定しました!

本体と同梱物など

  • 本体(15.6インチ : 1980 x 1080、重さ : 798g、厚さ : 8mm)
  • 専用スリーブケース(スタンド機能付き)
  • USB3.0ケーブル(約90cm)
  • サポートCD-ROM
  • クイックスタートガイド
  • 保証書

USBケーブルが90cmもあるのはいいですね。

これぐらいの長さがあれば、ケーブルが短くて困った!という場面にはならないでしょう。

重さも1kgないので、15インチのPCが入るバッグなら入りそう。サブモニターとPCをもって移動するのも夢ではありませんね。出張が人なんかにオススメです。

スリーブケースはスタンドとして活用できる

スリーブケースはスタンド機能付きだそうなので、せっかくなのでスタンドとして使ってみました。

これ、使い方あってるのかな...

そんな感じでした(スタートガイドを読んでいない)

ケースに角度調整などはついていませんが、問題なく立たせることはできますね。でもちょっと不安が残るかんじですが、まあ大丈夫!

本体の薄さ、iPhone6とおなじくらい

モニターというと結構厚みのある印象だったので、厚さ8mmは喜ばしい誤算でした。

試しにiPhone6の厚さと比べてみたところ、さすがに若干厚いですがだいたい同じ薄さなので、もってみると「あ、薄い!」という感覚です。

動作確認と環境設定

試しにMacBook AirとUSBケーブルを繋げただけでなるか試してみましたが、さすがに映りません(笑)

MB169B+に出力させるには「DisplayLink」というソフトをインストールする必要があります。

Mac OS X / Windows

同梱されているCD-ROMでもできるようなんですが、バージョンが古い場合があるので、DisplayLinkのリンク先から自分の環境にあったものをインストールするのがオススメです。

インストールしたらUSBケーブルを繋げるだけでOKです!

MacBook Airにつなげた時の使用感

MacBook Airにつなげてみて、しばらくブログを書いたり、ネットしたりしたので、使用感というか気になるところをまとめてみました。

画面がかなり明るい、グレーが白飛びする

左:MB169B+ / 右 : MacBook Air

ブログを書いていて気づきましたが、明るいグレーは白飛びしてほとんどわかりません。 カラー調整したらマシになるかなと期待しましたが、無理みたいです。

ちなみにこのブログのグレー背景の見出しは「#f4f4f4」ですが、全然みえないです。

輝度調整はできるようですが、色のどうこうは変化しないですね。

最初につなげた時のデスクトップの背景は綺麗に出ていたので「おおー!」と期待していたのですが、さすがに期待しすぎでした。

アニメーションがカクカク

マウスカーソルを動かしたかんじは、MacBook Airほどではないですが、まあ気にならない程度(ヌルヌル動いていない)ですが、DockやMisson Control(すべてのウィンドウを1画面に表示するやつ)すると、カックカクになります。何回か電源が落ちました...

ウィンドウの最小化 / 最大化なんかもカクカクに動くので、ハードの問題なのか、単純に私がいろいろ動かしすぎているのが原因なのよくわかりません...

さいごに

イマイチなところも書きましたが、そこまで不満はなく、いろいろ画面を開いたまま作業できるのは、やっぱり便利です。

USB1本で出力できるのも電源問題などを考えなくていいので気軽に使えてよいですね。

リビングでPCを使ったり、出張でPC使っているけどサブモニターがあったらなーと思っている人にはとってもオススメなので、ぜひ試してみてください。

作業範囲拡大を第一に考えている人には色味は許容範囲だと思いますが、色にこだわる人は1度実機につなげてみて確認するといいでしょう。